25歳、カナダ留学顛末記

元PGが退社してカナダ留学に挑む、ブログ開設時点でもうすぐ26歳なのは秘密。

大晦日なう

生きてます(定期連絡

すでに日本では1月1日になっていることと思われます。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
なのに大晦日なうとは、いや別にブログ書くの忘れて
1日ずれてるわけじゃないです。

まだVancouverは明けてないんですよ。
Lineやらで友人があけおめーって言ってる中
いまだに大晦日というのは不思議な気持ちでいっぱいです。

さて、今年は自分にとって激動の年でした。
人生で初めて海外に飛び出し、英語もままならないのに
collageに行き、アプリ制作に関しては基礎もないのに
コースをとる。
書き出すとなかなか無謀に聞こえますね。
しかしその過程で得たものは思った以上に大きかった
反省こそあれ、後悔することはなく良い一年だったと
胸を張っていうことができます。

さて、来年をより良い一年にするために
目標を立ててみました。
こういうのはだいたい二月くらいに
失速するとわかっていても。
建てざるを得ないのが人の性。
以下、ご覧あれ

大目標:インターンを行う
小目標1:OSSにコミットする
小目標2:GitHubに毎日成果を残す
小目標3:月一冊でいいから本を読む
小目標4:英語の映像メディアを1日1回は見る

大目標であるインターンは就職につなげるためですね。
学校の予定では9月からインターンとなっていますが、
早ければ早いほど良い。
それに伴い小目標の1と2はポートフォリオ的なものであり、
インタビューの際の持ち弾となり得るものではないかと。
1に関しては単純に自分のやってみたいことでもありますが…。
3と4に関しては英語力を伸ばすためですね。
3でボキャブラリを、4では苦手なリスニングが伸びれば…。
4に関しては現在お家にテレビがあるので
達成できているのですが、これが引っ越したらどうなるか…。

こんなところですね。
まぁ気負いすぎてもどうにもならないですし。
毎日の振り返りに使うくらいの気持ちで
目標をこなしていけたらと思います。
では、良いお年を。

FICTION Authors | O

生きてます(定期連絡

題名、なんのこっちゃとお思いの方が殆どだと思われます。
順をおって説明させてください。

書店で本を探す時ってだいたい著者の名前で分けられている
場合が多いと思うんです。
僕が足を運んだ書店もそうでした。
今回ジョージ・オーウェルズの本を探していたので
当然Authors(著者) | Gの棚を探していたのですが…
これが全然ない、超メジャーな作者なので
ないこたないだろうと思って探すこと5分…
よく見たら棚にある作品の著者がGから始まっていない。
でもラストネームはみんなGから始まっている…。
慌ててAuthors | Oの棚に行くと一発で見つかりました。

海外の書店ってラストネームで棚分けてるんですね…。
久々の驚きだったのでオンタイムで筆をとりました。
実は書店なうです。
ボクシングデイなので本が安いんです、今のうちに
買っておかねば…。

ボクシングデイについては明日にでも書こうと思います。
では。

Happy Holidays !!

生きてます(定期連絡

先週は頭を強く打って一週間安静することになり、おかげで何もできませんでした。
自業自得なんですけどね。
ちなみにクリニック初体験だったんですけど、その時の感想はまたの機会に…。

さて、クリスマスです。
もうほぼほぼクリスマスでした、というべき時間なのですけれど。

今年のクリスマスはクラスメイトのお家でホームパーティしたり、
ホストファミリーからクリスマスプレゼントをもらって感激したりと
なにかと濃いクリスマスでした。

この記事ではクリスマスに撮りためた写真をちょろちょろっと貼ってみようかと。
Vancouverのクリスマスの雰囲気が伝われば幸いです。

f:id:shiozaki5621:20181226173148j:plain

1枚目は美術館前のクリスマスツリー
三階建の建物くらいの大きさがあります、10mくらい?
みんなここで写真撮ってますね。

f:id:shiozaki5621:20181226173922j:plain

2枚目はカナダプレイスのクリスマスマーケットから。
この写真はまだ使ってないはず…?
詳細は以下の記事からどうぞ(露骨な誘導)

canada25.hatenablog.com

真ん中にこんな感じでちっさなライブステージがあって、
常に誰かがライブしてるんですよね。
クリスマスソングを中心にジャズやちょっと激し目の曲など…
ムードがあっていいですね。

f:id:shiozaki5621:20181226174335j:plain

三枚目はアップルサイダー。
クリスマスツリーを中心にそこかしこで売っていますがこれがうまい!
カナダに来たら是非飲んで欲しいですね。
コップに入っているのはシナモンです。
ちなみになんですがシナモンが樹皮だってこの時初めて知りました、
皆さんは知ってました?

カナダと日本、国は違えどクリスマスを楽しみにするのは
両国共通のようで、この時期は道行く人も楽しげに見えました。
来年はモントリオール、行ってみたいなぁ。
では。

かつて見たお前を

生きてます(定期連絡

 

今回は久しぶりの虫記事です。
ここは日本から遠く離れた地、カナダ。
所変われば虫も変わる、日本では見かけたあいつも
こちらではなんだか違う姿だったりそもそも見かけなかったりします。
そしてもちろん今まだに見たことないようなあいつも。

当たり前のように虫の画像が張られますのでご注意ください。

では、だいぶスクロールしたあたりから記事を始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今も覚えているのですが、僕は子供の頃は虫が好きでした。  

クワガタやカブトはもちろん、セミやアリなど。

でも特に、保育園時代に夢中になった虫、それは…

ダンゴムシ

つっつくと丸くなるあいつですね、保育園の花壇の土を掘り返しては  

せっせと集めていたのを思い出します。

そんな子供でも見つけてしまうと外れ扱いしてしまう不遇の虫、それが…

ワラジムシ(便所虫)

どんな奴かというと…以下Wiki

ワラジムシ - Wikipedia

見た目はダンゴムシより平たくてちょっと縦に長いんですよね。

突っついても丸くならない、子供たちは丸くなるダンゴムシが大好きなので

ワラジ虫を見つけてはハズレ扱いしていました。

子供って勝手ですよね…。

 

長々と前振りしましたが、今日朝起きた時にいたんですよ。

なぜかベッドの上に!

そのまごうことなき縦長扁平フォルム…

f:id:shiozaki5621:20181216040731j:plain

ワラジムシ!

…わかります、上からの写真ですよね。でもうちのiPhoneSEだとうまく接写が

できないんです。上手く撮れてたのこれだけでした…。

でも見てくださいこの縦長フォルム、たくさんの足、

そして尻尾!(尻尾ではないらしい)

写真だと見づらいんですけどお目目くりっくりの可愛い顔してました。

でも一番不思議なのはこいつ、日本のに比べて足がだいぶ長いんですよね。

かつて見たワラジ虫とはだいぶ種類が違いそうです。

あと触覚がぺったりオールバックみたいになっている所もポイント。

 

写真を撮った後は家の外に逃しておきました、歩く姿もなんだか可愛い。

 

ちなみにWiki先生は

>ヨーロッパ原産で、世界各地に広がり、日本では本州中部以北および沖縄に見つかっている。近似種も多い。

とおっしゃっているのですけど僕、20年前にこいつを九州で見ているんですよね。

生息範囲が広がったのか…。

 

また見かけたらアップします。

では。

 

ChristmasMarket in Vancouver

生きてます(不定期連絡

最近はてなブログ全体が繋がりにくい、表示されず
どうしたものかと思っていたらsafari特有の症状だったようです。

そのためだけに他のブラウザを落として起動するのもなぁ…と思っていましたが
ついに重い腰を上げてchromeを導入した次第です。
導入といっても落としてきてインスコするだけなんですけど…
いかんせんものぐさなもので…。

さて、カナダの街もすでにクリスマス…もといholiday一色に染められています。
歩けばそこかしこに電飾が飾られ広場にはツリーが建てられ…。
そんななかでも個人的に気になっていたのがクリスマスマーケット。
早速いってきましたのでレポートしたいと思います。

f:id:shiozaki5621:20181215070714j:plain
えらく暗く見えますが実際はかなり明るいです…。

さて、やってきたのはカナダプレイスにあるクリスマスマーケット。
これは正面からの写真ですね。
かなりくらい雰囲気に見えますが実際は電飾ギッラギラで明るいです。
単に僕の撮り方が悪いのといまだにiPhoneSEなんて使って撮ってるせいです。
入場には12CAD(カナダドル)かかりますがシーズンパスが13ドルで売られているので
シーズンパスを買ってしまった方がお得だと思います。

f:id:shiozaki5621:20181215071144j:plain
中央のモニュメント、本当はもうちょっと明るいでs(

入るとおっきなモニュメントがお出迎え、ライトも飾りもクリスマス仕様ですね。

f:id:shiozaki5621:20181215071805j:plain
かなり大きいツリー、こんなのがそこかしこに建てられるのは広大な国土故か…。

中央にはおっきなクリスマスツリー、ちなみに中に入れるようになっています。
家族連れやカップルが中で写真撮影していました。

f:id:shiozaki5621:20181215074126j:plain
くるくるポテト

もちろん屋台もあります、手前に見えるはツイスターポテト、奥の紙コップはホットワインです。
寒い中で飲むホットワインがこれまた美味しいんですよね…。

f:id:shiozaki5621:20181215074351j:plain
食後のデザート

甘味ももちろん売ってます、いちごとマシュマロをチョコでコーティングしてますね。
すっぱいいちごとチョコの甘さがExcellent!

もちろん他にもたくさんの屋台が出ていました。
クリスマスオーナメントやセーターなどの服も可愛くて素敵でしたね。

シーズンパスを買ったので折を見てまた行こうと思います。
では。

Rest We forgrt

生きてます(定期連絡

11月11日はポッキーの日…ではなく、ここカナダでは祝日、英霊記念日です。
英霊記念日って?という話についてはいつも通りWikiより

リメンブランス・デー - Wikipedia

第一次世界大戦終結に際して、戦死者や退役軍人を悼む日なのだそうです。
Rest We Forget
ここ一週間ほど、Vancouverを走るバスにはこう表示されています。 カナダは第一次世界大戦イギリス連邦として参戦し、対ドイツ戦線において
多数の犠牲者を出しました。
戦争がもたらしたもの、奪い去ったものについて今一度
考え直す良い機会でした。

ちなみに街頭では退役軍人等への福祉団体が寄付を募っておりまして、
そこに募金すると赤いポピーがもらえます。
ぜひ左胸につけて街を歩いてみてください。
では。

サマータイム体験記

生きてます(定期連絡 

人生にて初めてのサマータイムを体験しました。
サマータイムとは何か、についてはWikiより

夏時間 - Wikipedia

夏は日が早く昇るから人間もいつもより早く起きて、
寝ればいいんじゃない?という非常にシンプルな施策ですね。
んでこの中に健康への影響という項目があると思うのですけれど、
これについてちょっと書こうかなと。

僕がカナダに来た時(3月4週目)すでにサマータイムは開始されていました。
海外旅行自体が初めての経験なので、
サマータイムにより時差ボケが悪化したりするかは定かではないですが、
僕の場合そんなにひどいものじゃなかったです。
ただし、到着したその日は1日眠りこけてましたが…。
その後、季節はゆっくり夏に向かいます。
22時を回っても日が出ているのに驚きました。
後述するのですが、この時自分はサマータイムであることを知らなかったので、
うおーすげーって思ってたのですが、実際はまだ21時くらいだったんですね、
それでも日本と比べると日が長いんですけど。
この時期、寝つきが悪くなるといったことはなかったです。

そして先週、3日にサマータイムが終わりました。
僕はこのタイミングまでサマータイムであることを知らなかったのですが
普段より1時間遅く進む日曜日になんとなく違和感を感じていました。

現在サマータイムが終わって何日か過ぎましたが、
就寝時間が自分でコントロールできなくなってるような気がします。
具体的に言うと寝落ちが増えてる…。
もちろん生活習慣に因るものなのかもしれませんが、いまいち完璧とは言い難い体調です。

さて、長々と書きましたがまとめると
サマータイム中は違和感がないが、サマータイム終了後はなんとなく生活リズムが安定しなくなった。
というところですね。
もちろんサマータイムに変わる瞬間はカナダにいなかったので、そこに関しては何も言えませんが…個人的な感想としてはこんな感じです。

久々に長くブログを書けました。
では。